病児保育園おひさま -秋田県横手市の伊藤小児科・内科医院運営の病児保育園-

お問合せ

当園について

基本理念・方針

病児保育とは、お子さんが病気になった時、病気からの回復期のため通常の保育園に行けない時に、保育士と看護師がお預かりし保育・看護を行う事業です。保護者が仕事を休めない場合の他、冠婚葬祭などの時もご利用できます。また、保護者が就労してない場合やお子さんが保育園、幼稚園に通園していない場合も、ご利用できます(保護者も体調不良で療養したい時、過労で育児が困難な時など)。「おひさま」は横手市からの委託事業で、横手市とその周辺の子育て支援の充実を目的とした事業です。定員6名に対し、看護師1名、保育士3名が常駐、1日数回伊藤小児科・内科医院の医師が回診し、お子さんの体調管理を行います。また、急変時には協力施設の平鹿総合病院に搬送し、万全の対応を取ります。

園長挨拶・プロフィール

 

 この度、平成29年3月1日、病児保育園「おひさま」を開設いたしました。この事業が横手市と周辺地域の子育て支援、少子化対策に少しでもお役にたてるように尽力していきますのでよろしくお願いいたします。伊藤小児科・内科医院に隣接していますので、急変時は迅速に対応できます。また、対象年齢は生後9週から小学6年生と幅広く、様々な疾患に対応いたしますのでお気軽にご利用して下さい。

 

 

経歴
1981年 秋田高校卒業
1987年 弘前大学卒業
1987年 中通総合病院研修医、内科・小児科を研修
1989年 秋田大学医学部小児科学教室入局
1991年 東京女子医大日本心臓血圧研究所勤務、
医学博士取得
1997年 秋田大学医学部小児科学教室助手
1997年 中通総合病院小児科科長
2003年 秋田組合総合病院小児科科長
2005年 平鹿総合病院小児科科長
2009年 平鹿総合病院小児科診療部長
2012年 秋田大学医学部臨床准教授(兼任)
2013年 伊藤小児科・内科医院開業
学位・専門医資格

医学博士

日本小児科学会認定 小児科専門医

日本小児循環器学会認定 小児循環器専門医

 

受賞

秋田県農村医学会 学術奨励賞(2013年)

「平鹿総合病院における小児集中治療の現状と課題」

秋田県医師会 医学奨励賞(2009年)

「地域における小児救急医療」

日本農村医学会 最優秀演題賞(2008年)

「重症小児救急患者の検討-救命率向上のために-」

 

論文・学会発表

(クリックでPDFをダウンロードします)

所属学会・研究会
  • 日本小児科学会
  • 日本小児循環器学会
  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会
  • 日本小児アレルギー学会
  • 日本新生児学会
  • 日本周産期新生児学会
  • 日本Pediatric Interventional Cardiology 学会
  • 東北小児心臓病研究会
  • 秋田県小児膠原病研究会
  • 日本小児科医会
  • 秋田県小児科医会

安心・安全への取り組み

  • 感染予防対策

    保育室を3部屋設置し、感染症の種類や病状によってお子さんと保育士を振り分けて、院内感染の予防に努めます。

  • 医師による回診

    1日に数回、医師による回診を行い、病状の変化に注意します。

  • 急変時の対応

    急変時は、迅速に医師による診察、処置を行い、入院が必要な時は平鹿総合病院に搬送いたします。

▲上に戻る